スペシャルストーリー

カカオ農園の人々を笑顔に!ガーナ・プロジェクト。

開校式で見た人々の笑顔に涙

 

 本社に戻って配属されたネット通販事業部では、僕の同期たちが2008年にチャリティーオークションをスタートさせました。割れや欠けの出てしまったワケあり商品をお客様に購入していただき、その売上げ500万円でカレボーさんと一緒にガーナのカカオ農園に学校を建設しました。2016年5月には出来上がった学校を見に、初めてガーナを訪れました。建物を見たとたん、涙でした! とはいえ、ハードが整っても、ソフト面はまだまだ充実には遠く、カレボーさんを通じて現地の文部省と今後についての話をしているところです。また一方でガーナでは女性の社会進出が遅れている現状もあります。女性が学んで働くことができるようになれば、子供たちが不当な労働に就くことも無くなると考えています。現在はガーナで女性の社会進出を応援するプログラムにも協力しています。

 今はフェアトレードチョコレートを使うことで支援の一翼を担っていますから、年間100トンくらい使えるように、売上げをアップしたいです。3年前からカカオ豆を輸入して、自家製のチョコレートも作り始めました。年間2~3トンを輸入して、焙煎機も導入し、30種類のタブレットを製造しています。将来的には直接、農家と取引するのが目標です。もっと直接的に、「あなた方の作っているカカオ豆が遠い日本にやってきて、こんな商品になっていますよ」とSNSなどを通じてコミュニケーションがとれたらいいなと思っています。