型抜きチョコレートの完成度を高くするコツ

高い光沢と見事な味わいのフィリングに薄く、パリッとしたシェル: CallebautのシェフBeverley Dunkleyは完璧な型抜きチョコレートの特徴について説明しています。

成功のコツ

型抜きボンボンショコラを作る時はどんなことに気をつけるべきですか?
ポリカーボネートの型を使用します。このモールドではチョコレートの収縮がスローなので、最高のつやが出て、、簡単にモールドから外すことができます。

流動性の高いチョコレートを選択。3ドロップか4ドロップの流動性が理想的です。

チョコレートを流し込む前にモールドを軽く温めます。こうすると、温度ショックで、後でチョコレートが白くなる状態を防げます。絞り出しやすくするため、フィリングがなめらかで流動性が十分かを確認します。 さらに、28°Cより温かくなっていないかもチェックします。フィリングでシェルチョコレートが溶けてしまうからです。チョコレートで蓋をするときに、すき間ができて中身が漏れ出てこないように、フィリングがシェルの縁にかからないように気をつけます。必ず各シェルチョコレートに一つずつ入れます。シェルチョコレートの縁まで注入しないでください。上から1.5-mmのところまで入れてください。そうしないとしっかり蓋ができなくなります。