用途に合ったチョコレートを選択

流動性の大切さ

チョコレートミラーグレーズの粘度が低ければ、かけやすくなりますが、ケーキやペイストリーに接着するくらいの粘度は必要です。 このような完璧な仕上がりにするためには適切な流動性のチョコレートを選択することが大切です。 実際には、3ドロップの流動性のチョコレートの使用するということです。

流動性の低いチョコレート (例えば、ココアバター含有量が少ない) を使用すると、気泡の消えにくい粘度の高すぎるチョコレートミラーグレーズになってしまいます。 反対に、流動性の高いチョコレート (例えば、ココアバター含有量が多い) はグレーズがさらに固くなり、ナイフの通りが悪くケーキやペイストリーが潰れてしまう、またはグレーズにナイフが引っかかってしまい、きれいにカットできないでしょう。

流動性のガイドライン

Callebautではそれぞれのチョコ レシピに対応できる幅広い流動性のレベルをご用意しています。 同じレシピ番号のすべてのチョコレートは、ココアバターの含有量は異なりますが、味わいは全く同じです。 特定のチョコレートの流動性はドロップのシンボルシステムでパッケージに表示されています。用途に応じて、適度にココアバターが含まれるチョコレートを選ぶことが大切です:

  • 1ドロップの流動性のチョコレート: ほのかなチョコレートの味をつけるフィリング、バタークリーム、アイスクリームなどの注入に最適。
  • 2ドロップの流動性のチョコレート: 大きな型抜きのホローチョコレートにぴったり。
  • 3ドロップの流動性のチョコレート: 非常に万能でどんな用途にも対応。
  • 4ドロップの流動性のチョコレート: 薄いシェルチョコレートや (鋭角な) 角型のチョコレートの型抜きチョコレートにベストチョイス
  • 5ドロップの流動性のチョコレート: 表面の大きいビスケットの上に薄いチョコレートの層を塗るならこれが一番。