カカオパウダーを使用したチョコグレーズ レシピ

カカオパウダーで作られたグレーズは非常に深みのある色でチョコレートベースのグレーズよりも甘さが引き立ちます。

成功のコツ

チョコグレーズを作る時はどんなことに気をつけるべきですか?
完璧な結果を得るためには、完全にバランスのとれたチョコグレーズのレシピ作りが欠かせません。グレ-ズを適切な質感にすれば最低でも2日間はケーキをしっかりとコーティングしてくれます。

完全にバランスのとれたレシピなら、チョコレートグレーズに鏡のような象徴的なつやと食欲をそそる深い色合いも保証します。

細長い容器の中で材料を低速のスティックブレンダーで混ぜます。気泡ができないようにするため、スティックブレンダーを上下にやさしく動かして、常時液体の表面からブレードが出ないように気をつけます。

調理中の温度に配慮して完璧なグレーズの厚さに仕上げます。支障なくカットできる柔らかさ、ケーキの上で安定する濃厚さ。

なめらかで、だまのないグレーズに仕上げるため、スティックブレンダーで均質化したら必ずこしてください。

ボールに入れたグレーズを冷蔵庫で保存します。グレーズにラップをして空気に触れないようにします。 およそ1週間保存が効きます。

ケーキの上にかける前の準備。グレーズを35°C前後に温めます。こうすると理想的な流動性になり、簡単かつ均一にかけることができます。

必ずちょうど-18°Cに凍らせたケーキの上にチョコグレーズをかけてください。

グレーズが垂れなくなったら固まる前にすぐにケーキクーラーからケーキを外してください。 そうしないと、グレーズに穴が開いてしまうことがあります。

グレーズをかけたケーキは-18°Cの冷凍庫で保存できます。取り出したら、凝縮しないように4°Cの冷蔵庫へすぐに移して2時間以上入れておきます。

必要なもの:

  • 水550 g
  • クリーム (35%) 425 g
  • グルコース・シロップ250 g
  • 砂糖250 g
  • 250 g Callebaut®カカオパウダーCP
  • マスゼラチン30 g
  • 背の高い容器
  • スパチュラ
  • スティックブレンダー
  • ホットプレート
  • ソースパン

ステップ1
水、クリーム、砂糖、グルコース・シロップを105°Cまで熱しながら混ぜ合わせます。

ステップ2
カカオパウダーを加えて、混合物のを再び沸騰させます。ステップ3
混合物をこし器に流し込み、すでにマスゼラチンの入った背の高い容器に落とします。ステップ4
すべてをやさしく混ぜ合わせます。気泡を作らないように常時スティックブレンダーのブレードが液体の表面から出ないようにしてください。ステップ5
グレーズにラップをして空気に触れないようにします。 必ず混合物に落としラップをしてください。ステップ6
グレーズを24時間冷蔵庫で休ませます。これでグレーズは完成です。ステップ7
グレーズを冷蔵庫から取り出して、電子レンジで35°Cまで温めます。

ステップ8
そのグレーズをもう一度混ぜて全体が同じ温度になるようにします。ステップ9
冷凍庫からケーキ (ケーキクーラーにのせて-18°Cの冷凍庫に入れた) を冷凍庫から出して、すぐにグレーズをかけます。ステップ10 
グレーズが落ち切るまで数分間待ちます。グレーズが垂れなくなったら、ケーキをケーキクーラーから外してデザートパレットまたはケーキボードにのせます。ステップ11
残りのグレーズは4℃の冷蔵庫で保存します。こうしておけば、他のケーキを仕上げたい時にいつでも使えます。