コロナウイルスの影響下、ビジネスをどう対応させていけるのか?

あなたのパン屋、菓子家、レンストランやその他のスイーツに関するビジネスが、どうすればこのコロナパンデミックに対応していけるのか、様々な提案やガイダンスが載ったハンドブックを無料でダウンロードして頂けます。ハンドブックは常に変化しているビジネス環境や世界状況に合わせ随時更新されます。

ぜひ無料のダウンロードをお試しください。 ↘

デリバリー?テイクアウト?
ご質問にお答えします

ビジネスを維持し、安全な方法で整理することは容易ではありません。よくある質問と、安全な方法で整理するのに役立ついくつかの推奨事項とベストプラクティスを以下で扱っています。

ご質問をお寄せください。
カレボーの連絡先、 Instagram 、 Facebookメッセンジャーへご質問をお寄せください。
Q&Aに追加して回答をお知らせします。

Delivery

take away

food safety

menu

communicating

回答

受け取りやテイクアウトは、コロナの危機の間、ビジネスを継続していくための可能性を広げてくれます。ベーカリー、ペストリー、ショコラトリーのお店では、お客様にサービスを提供し続けるための最も一般的な方法です。レストランのキッチンでは、レストラン内で人が交わるのを避けるため、(ほとんどの国では)閉鎖されたドアの向こう側でしかできません。

すべては手配にかかっています。チームの環境の安全を確保するために、店舗とキッチンでは最小限のチームで作業し、ソーシャルディスタンスを保証することをお勧めします。そのため、多くのお店やレストランでは次のようにしています。
・通常の商品を厳選しベストセラーを提供しています。レストランでは、テイクアウトのメニューを少しですが日替わりのメニューにすることができます。
・ベーカリー、ペストリーショップ、ショコラトリーでは、すでに梱包済みのパッケージを提供していることが多いため、行列やショッピングの時間を最小限に抑えることができます。
多くの店では、一日の特定の時間帯を受け取りの時間にしています。そうすることで、準備、包装、顧客サービスをより上手く整理することができます。

安全な方法で行うためには、(お住まいの自治体が発行したものに準じた)厳重な予防措置を取ることをお勧めします。

キッチンでは
・定期的に(15 分おきに)手を洗って消毒します。
・使い捨て手袋を使用し、定期的に交換して作業します。
・可能であれば、マスクを着用します。
・ソーシャルディスタンスを尊重してください。あなたとスタッフが異なる作業場間で少なくとも 1.5 mの距離を確保できるようにしてください。
・作業面、機器、道具を定期的に清掃し、アルコールで消毒します。
・衛生面や安全面での対策でお客様に安心してもらいましょう。店舗やソーシャルメディアで伝えます。

店舗やレストランでは
・生鮮・未開封の場合、使い捨て手袋を使って自分で接客します。商品には触れないようにお願いしましょう(すでに包装されている場合を除く)。
・手の衛生管理は非常に重要です。店員に15分ごとに手を洗い、定期的に手袋を交換してもらいます。
・セルフサービスの場合は、使い捨ての手袋を提供します。
・ガラスの後ろやカウンターの中でできるだけ商品を保護します。
・レジとお客様の間に一時的なスクリーンや窓を設けて、スタッフを保護します。
・お客様にはキャッシュレス決済のみでお願いしてください。接触がないのが理想です。万が一、お客様が決済端末を使用したり、触ったりした場合は、すぐにアルコールで洗浄してください。
・10m2以下の小さなお店の場合、窓に看板を出して、お客様が一人入っているときには、屋外で列を作るようにお願いします。
・大型店の場合、レジカウンターの安全な待ち場所(各列の間に1.5メートル)を示す粘着テープで床に印を付けます。
・可能であれば、外にも1.5メートルの間隔でマーキングをしてください。そうすることで、お客様がどこで待つべきか分かりやすくなります。
 

 


 

受け取りやテイクアウトを整理する際には、あなたのチームとお客様を守るために必要な注意事項を、可能な限り最善の方法で行うことをお勧めします。かなり効果がありそうなアイデアをいくつかご紹介します。
・10m2以下の小さなお店の場合、窓に看板を出して、お客様が一人入っているときには、屋外で列を作るようにお願いします。
・可能であれば、外にも1.5メートルの間隔でマーキングをしてください。そうすることで、お客様がどこで待つべきか分かりやすくなります。
・大型店の場合、レジカウンターの安全な待ち場所(各列の間に1.5メートル)を示す粘着テープで床に印を付けます。限られたスペース内でお客様が最大限の人数に達するたびに、お客様に外に列を作るようにお願いします。一人のお客様が外に出ると、新しいお客様に入ってもらいます。安全な待ち位置を示すマーキングも役立ちます。
・お客様に一人で入店するようにお願いします。できるだけ家族やカップルで入店することを避けます。
 

 


 

お客様にはキャッシュレス決済のみでお願いしてください。接触がないのが理想です。万が一、お客様が決済端末を使用したり、触ったりした場合は、使用ごとにすぐにアルコールで洗浄してください。

 


 

backtotop