ホローチョコレートを組み立てる

型どりをしたハーフチョコレートを一つのホローチョコレートに組み立てる方法を見てみましょう。

成功のコツ

ホローチョコレートを作る時は何に気をつけるべきですか?
ポリカーボネートの型を使用します。この型を使うとよくつやが出て、チョコレートよりも縮みが遅くなりいとも簡単に型から外すことができます。

小さい型には3ドロップ、大きな型には2ドロップなど、型のサイズに合うチョコレートの流動性を選びます。

テンパリングをしたチョコレートを流し込む前に型を軽く温めます。 こうすると、後でチョコレートが白くなる温度ショック状態になりません。冷却の間、熱がモールドから出られるようにご確認ください。 モールドの中に熱がこもってしまった場合、チョコレートが冷えてからシェルチョコレートの一部がもろくなる可能性が高くなります。

必要なもの:

  • 二つの型(ハーフ)と結晶化したチョコレート
  • ホットプレート
  • 手袋
  • クリングフィルム

ステップ1
片方の型を数秒間、温めたプレートに優しくこすりつけ、型の外についたチョコレートを溶かします。

ステップ2
その型をクリングフィルムに置きます。 こうすることでシェルチョコレートの状態をベストに保ち、後で組立がしやすくなります。

ステップ3
もう一方の型を、同じように数秒間、温めたプレートに優しくこすりつけます。

ステップ4
両方の型をくっつけます。 調整を素早くすることできれいに接着します。 その後、固めるために数秒間ホローチョコレートを寝かせます。

ヒント:
ホローチョコレートを取り扱う時は手袋を着用して指紋の跡が付かないようにしてください。 理想としては、型から外したら短時間で詰められるように、ホコリや小さなチョコレート片が付かないように表面がきれいな所でチョコレートを型から外してください。