仔牛のフィレ肉のソテー

level 2

仔牛のような最高の食材をソテーする時な、なるべく素材の持ち味を引き出して、強いバターやオイルの風味で隠れてしまわないようにしたいですね。そこでCallebautのシェフはMycryo®を使用します。100%自然な野菜由来でバターやオイルの素晴らしい代用品です。純粋なココアバターを粉状にしたMycryo®が食材のうま味をそのまま閉じ込めます。こうすれば、ソテーしても風味や肉汁などを損なうことはありません。バターやオリーブオイルと比べればMycryo®は、クセがなく、素材の持ち味を打ち消したり、邪魔したりするようなことはありません。Mycryo®を食材に直接ふりかけてフライパンでソテーするだけです。きれいで、シンプル、美味しい。

レシピコンポーネント

使用済み Callebaut 製品

揚げた仔牛フィレ

材料準備
  • 300グラム
    green vegetables : beans, mange-touts, asparagus

塩を加えたお湯に野菜を別々に湯通し視、冷水で洗い流します。細かくみじん切りをし、全てを一緒に混ぜ合わせます。

Mycryoを15~20g(子牛肉約180g)肉にふりかけます。油を引かないフライパンで肉を焼き、塩と胡椒で味付けをします。肉をフライパンから取り出し10分間温かいところで休ませます。

  • 適量
    フレッシュローズマリー
  • 15センチリットル
    赤ワイン
  • 20センチリットル
    veal stock
そのフライパンに赤ワインとローズマリーを一緒に煮て若干蒸発させたところに、子牛のブイヨンを加え、さらに煮詰めます。
  • 1
    エシャロット

エシャロットを細かくみじん切りにします。前述のソースに大さじ1のMycryoバターと一緒にコトコトと煮ます。それを濾し、エシャロットを加え、塩、挽きたての胡椒で味を調えます。

  • 150グラム
    hard pasta
  • a fewドロップ
    オリーブオイル

その間、塩を加えたお湯で、アルデンテにパスタを茹で、水気を切り、オリーブオイルと絡めます。

  • 1
    トマト
トマトの皮を剥き、種を取り、細かくみじん切りをします。残りのバターで野菜をソテーし、トマトをちりばめます。

仕上げとプレゼンテーション

温めた皿に肉を載せ、野菜とソースをサイドに沿え、チーズ(おろしたてのパルメザンチーズ・大さじ 2)を散りばめたパスタとサーブします。