世代から世代へと素晴らしいチョコレートの味わいを追い求める

沿革
世代から世代へと素晴らしいチョコレートの味わいを追い求める

素晴らしいチョコレートをあらゆるシェフに提供する、一番求めている部分でお客様の力になる、ファンや友達のためにすてきなチョコレート菓子を作り出す、それこそが私たちが追い求めていることなのです。 1911年ベルギーのウィーズという小さな町からすべてが始まりました。

1911

Octaaf Callebaut(オクターフ・カレボー)

ベルギーの小さな町ウィーズのビール醸造者を祖父に持つOctaaf Callebaut(オクターフ・カレボー)は、ひそかに自身初のチョコレート レシピを開発していました。数か月にわたって漂ってくるローストしたてのカカオ豆の良い香りが、みんなの好奇心をかき立てました。とうとう、コンチングマシンから出てきたクターフの第一号チョコレートを醸造師たちが味見したとき、彼らはCallebaut(カレボー)Finest Belgian Chocolate(ファイネストベルギーチョコレート)誕生の立会人となったのです。ほどなくして、村の中心から遠く離れた場所に小さな店ができると、そのお客様たちは、この新しいチョコレートを気に入り、その噂は瞬く間に村に広まりました。

1918

レシピの改良と完成

その後の数年間、Octaaf(オクターフ)はレシピの改良に時間を費やし、今日811、823、W2として知られるリッチなチョコレートの風味が自慢のレシピを完成させます。このレシピは、すぐにシェフやショコラティエの見事なお菓子作りの意欲をかき立て、風味や食材とのペアリングリストは尽きることがありません。

1920

最初のクーベルチュール チョコレート

戦時中および戦間期、ショコラティエやパン職人は、チョコレートなどは言うまでもなく、なかなか甘いお菓子作りの材料が手に入りませんでした。Callebautファミリーは初めてクーベルチュール チョコレートを作り、彼らのニーズに応えます。

1935

「ミルクチョコレート レシピ番号845」

Octaaf(オクターフ)がチョコレート作りの秘訣を確立して、チョコレート製造者の世代から世代へと受け継がれ始めました。成分リストだけあれば、彼らに言葉などほとんど必要ありませんでしたし、チョコレートのノウハウを自分たちの体で「覚えました」。彼らはコンチングマシンの中のチョコレートを観察して完璧に再現しました。今もなお、私たちのチョコレート職人は自分の感覚で仕事をしています。それが彼らの先代から教えられた方法です。「ミルクチョコレート レシピ番号845」という1935年から手書きで付けられた貴重なレシピシートは、今もなおシェフやショコラティエの間で愛されています。

1960 1965

Callebaut®チョコレートの世界への初輸出

その間、ますます多くの外国や海外の菓子職人、ペイストリーシェフ、パン職人がCallebaut®のベルギー チョコレートを使うことに前向きです。その間、Callebaut®(カレボー)は初めてチョコレートを世界に輸出し、そのアイコン的な味わいと定評のある作業性で世界中のシェフを支えながら、ベルギー チョコレートの評判に貢献しています。

1988

シェフも取り入れている世界初のスモールドロップ クーベルチュールチョコレートのCallets™(カレット)

Callets™(カレット)を取り入れたCallebaut®は、さらに多くの熟練のチョコレート職人に支持されています。この固形のチョコレート ドロップを使うと、シェフの計量、溶解、テンパリングの精度も上がり、チョコレートの作業性が高まり、満足のいく結果が得られるでしょう。

1988

Callebaut®が最初のチョコレート学校をオープン。Callebaut® College

Callebaut®は、Callebaut® Chocolate Academy™センターの前身となる、これまでに類を見ないCallebaut® Collegeへ世界中の職人を受け入れています。菓子職人やシェフが、学ぶため、アイデアや経験の交換のために訪れます。

1996

Callebaut®がCacao Barryと合併

Callebaut®がフランスのCacao Barryと合併。Callebaut®は100%ベルギーブランドであり続けます – すべて豆からチョコレートまでベルギー国内で丹念に加工したFinest Belgian Chocolate(ファイネストベルギーチョコレート)とともに。

2006

オリジンチョコレートでカカオ風味も刺激的

最初のCallebaut®オリジンチョコレートがシェフの心とクリエーションへの道を見つける。意外性のある風味と香り高いトップノートが特徴的なこのチョコレートでシェフも新しいフードペアリングを生み出します。 Arriba(アリバ)、Java(ジャワ)、Sao Thomé(サントメ)…名前に聞き覚えがありますか?Callebaut®では世界でも非常に貴重な豆種を使用して今日もこうしたオリジン クーベルチュールを丹念に作り続けています。

さらに詳しく知る

2011

チョコレート作り100周年を祝う

Callebautが世界中の熟練シェフとともにチョコレート作り100周年を祝う。100年後には、1911年に作り出されたOctaaf(オクターフ)のオリジナル レシピを尊重しながら、あらゆるチョコレート レシピを丹念に製作。記念式典は日本からメキシコまで、熟練シェフや菓子職人が中心となり開催。彼らの素晴らしいチョコレートのストーリーがイベント全体の共通のテーマに。

2012

西アフリカのカカオ生産者とともに持続的に取り組むGrowing Great Chocolate事業

Growing Great Chocolateプログラムでは、Callebaut®のチョコレートを愛用しているシェフ全員が西アフリカの生産者を支援する意向を示していることになります。 Finest Belgian chocolate(ファイネストベルギーチョコレート)を1パック購入するごとに、Callebaut®は、西アフリカのカカオ栽培コミュニティのサスティナブル(持続可能な)カカオ農業および地域プログラムに一部を再投資します。

さらに詳しく

2014

フラッグシップ(本拠地)となるCallebaut® Chocolate Academy™センターのオープン

Callebaut®はウィーゼに本拠地となるChocolate Academy™センターをオープンします。そこは、シェフやショコラティエがインスピレーションを探したり、チョコレート技術を学んだり、お互いの経験を交換したりできる新しい施設です。 Callebaut® Chocolate Academyでは小さな農園、ビーノロジールーム、チョコレートライブラリー、テイスティングルームを設けています。そして、Chocolate Academy™の中心は、パン職人、ペイストリーシェフ、菓子職人、レストランシェフがチョコレート技術に磨きをかけられる設備の整った作業スペースが特徴的です。

チョコレート コースについて

2015

素晴らしいチョコレートも今ではバーやバリスタ用にまで

数か月におよぶ試験と調査の末、Callebaut®は、バーやバリスタ用のベルギー粉末状のベルギーチョコレートという初めての領域を世界に向けて紹介します。 素晴らしい味わいとフラバノールの長所が組み合わさり、バーには非常に重宝される初めてのチョコレートです。今やチョコ好きは、幸せとプラスのエネルギーで満たされた素晴らしい味わいの一杯を毎日楽しむことができるのです。それがみんなの夢なのでは?

粉末チョコレートの種類について

2016

ビーントゥバーのワークショップを通じて愛が広まる

Callebaut®を象徴する味の原点は?それはベルギーで最古のカカオロースターであり、今や世界中のシェフやショコラティエも同じものを使用しています。 ビーントゥバー(bean-to-bar)のクラスでは、Callebaut®のチョコレート職人がカカオ豆の風味、発酵、ブレンド、ホールビーンロースト、コンチングなどのノウハウを教えてくれます。

申込はこちら